VIO脱毛をするときの事前処置

サロンのVIO脱毛は事前にムダ毛の処理が必要

VIO脱毛をするときに事前処置は自分で必要?

施術当日に合わせて数日前に施術箇所のムダ毛を添っておく

 

回答

基本的にエステで脱毛をする場合は、
施術当日に合わせて数日前に施術箇所のムダ毛を添っておくのが暗黙のルールとなっています。

 

もちろん予約を取る前のカウンセリング時に、
事前処置についての説明がありますので、指示とおりの日にシェービングすればいいだけです。

 

ここはエステによる違いも大きいのですが、
事前処置を忘れてしまうと当日施術を受けられないサロンもあります。

 

万が一事前処置を忘れてしまった場合、
当日エステ内でシェービングを行うサロンもありますが、この場合シェービング代が別途発生しますし、
予約時間は決まっているのでシェービングにかかった時間も含まれるので、施術範囲も狭くなってしまいます。

 

ワキや手足なら事前処置もやりやすいのですが、VIOラインとなるとデリケートな部分にシェーバーを使うは心配ですね。
こういう場合は最初にどの程度処理すればいいか質問しておくと安心です。

 

自分ではなかなか上手くシェービングできない部位の場合は、
可能な範囲で事前処置をしていればOKとなるので、それほど神経質にならなくても大丈夫です。
ただしVIO脱毛をするときに事前処置をするように指示があった場合は、可能な範囲で事前処置をしておきましょう。

自分でムダ毛を処理してもうまくいかない

事前処置がうまくいかない場合

Vラインならある程度事前処置も可能ですが、
IラインやOラインになるとちょっと難しい部分ですね。

 

このため事前処置がうまくいかない事もあります。
無理をして肌を傷つけてしまうと、施術自体が受けられなくなります。

 

どうしてもうまくいかない場合は、無理をせず当日サロンで処置してもらうことをおすすめします。

安全に事前処置をする方法

自分でやってみようという場合は、
お風呂に入った時が処理しやすいと思います。

 

事前処理の前は清潔にしておく事も大切なので、
お風呂に入った時がピッタリですね。

 

シェーバーも使いやすいものを選び、
体を洗う時の泡を使えば肌への負担も軽減できます。
無理をせず手が届く範囲までで構いません。

 

VIOラインの事前処置に関しては、エステでも多少は大目に見てもらえます。
処理後はクールダウンも忘れずに行いましょう。

 

保冷剤をタオルに包んでビニール袋にいれ、処理したところを冷やします。
しっかりとクールダウンしたら、最後に保湿ケアも行いましょう。

 

デリケートな部分なので、低刺激の保湿クリームやローションがおすすめです。
毛抜きは使わず、シェーバーを使うのもポイントです。

 

ランキング

関連ページ

痛い脱毛サロンと痛くない脱毛サロンの違い
脱毛サロンに行くと、痛みを感じたという方と、痛みがないという方の口コミがあります。その違いは大きく施術内容、施術箇所、効果によって差が出ていると考えられます。そういった痛みのあるサロン、ないサロンの違いを詳細に調べてみました。
脱毛は痛いと言われるがなぜなのか?
脱毛すると痛いのはなぜでしょうか。脱毛は個人差はありますが、基本的にムダ毛を引き抜くので多少の傷みは伴います。また、初回の脱毛と、複数回施術した後の脱毛とでは感覚が全然違います。そういった脱毛に伴う痛みについて検証してみました。
脱毛専門サロンで脱毛するメリットは?
脱毛専用サロンを利用するメリットは、主に専門性の高いスタッフが多く在籍すること、専門サロンはコストが安く予約が取りやすいこと、多くのサロンが個室を完備でプライバシーが守られていることなどが挙げられます。それらメリットの詳細をまとめました。
光脱毛は本当に痛くない?
痛みが少なく、手軽に施術が受けられ、なおかつ仕上がりが綺麗という理由から光脱毛を選ばれる方が増えています。ですが、巷で言われている光脱毛は痛くないというのは本当なのでしょうか。今回は光脱毛について詳しく調べてみました。
痛くない脱毛サロンはどこにあるの?
脱毛はしたいけれど、痛い脱毛は勘弁して!というあなたにおすすめの、痛くない脱毛サロンの探し方をまとめた記事です。痛みの感じ方は、個人差もあり、施術方法によっても異なります。その点を踏まえて、痛みの少ない光脱毛についても調べてみました。
顔脱毛するときの注意点
最近、化粧ノリの改善や、産毛の面倒な処理を解消するという理由で顔脱毛が人気ですが、顔脱毛は、どの部位でも脱毛できるわけではありません。デリケートな顔ですので、脱毛の前には顔のどの部位に施術するのかをきちんと注意しておく必要があります。
脱毛サロンの痛くない脱毛法
デリケートで敏感な顔を脱毛する際に、痛みが伴わない脱毛法はあるのでしょうか。痛みには個人差がありますが、光脱毛は一般的に痛みが少ないと言われています。痛みがないだけでなく、サロンによってはコラーゲンの生成をサポートする効果がある顔脱毛も!?
初めての顔脱毛はどこで行う
面倒な顔の産毛処理などを解消する顔脱毛が人気ですが、顔脱毛を初めてされる際は注意が必要です。シェーバーを使った施術や、自分自身によるカミソリなどでの処理によって逆に肌荒れや、ニキビ、細菌の原因になるかもしれません!
顔脱毛をエステで行う際の施術の流れは?
最近、各種メディアを通じて顔脱毛というワードを聞いたことがある方もいらっしゃるでしょうが、顔脱毛の施術工程はどういったものなのでしょうか。前日までの準備、施術前の注意点、施術の手順などを、順をおってご説明いたします。
顔脱毛は痛い方が効果があるの?
話題の顔脱毛ですが、デリケートな顔に施術を行うので痛みや刺激は少なくしたいですよね。しかし、脱毛は永久性が強いものほど痛みが強いと言われているので、顔脱毛も痛いほうが効果があるのでしょうか。痛みと顔脱毛の効果の関係についてしらべてみました。
痛くないVIO脱毛ができるサロンの施術方法
デリケートゾーンのVIOラインの脱毛は夏のシーズンなどに多いですが、まだ抵抗感がある方も少なく無いのではないでしょうか。そんなデリケートな部分の脱毛で、かつ痛くないサロンの施術方法をご紹介いたします。水着着用前などに参考にしてみてください♪
Vライン脱毛は基本的に痛いものなのか?
Vラインといったデリケートゾーン周辺の脱毛は痛いものなのでしょうか。肌が柔らかい部分は、Vラインだけでなく、ワキなども痛みを感じる方が多いようです。エステでの脱毛、自分での処理などからVライン脱毛の痛みについて考えていきます。
VIO脱毛はエステに何回くらい通えばよいのか?
VIOラインの脱毛を完了するには何回程度サロンに通えば良いのでしょうか。個人差がありますので、断定できませんが多くは6回コースなどになっており、6回程度で効果があるようです。今回はVIOライン脱毛の回数について調査してみました。
VIO脱毛の施術後は痛さは?
一度に数十箇所以上の部位に対して脱毛の施術を行うVIO脱毛。そんなVIP脱毛は全身に施術を施すので、痛みが伴うこともあります。VIO脱毛の施術後の痛みは継続するのでしょうか。脱毛後のクールダウンなど、アフターケアとともに見て行きましょう。
痛くない全身脱毛のオススメ脱毛法
全身脱毛、最近では数十箇所に施術を行うVIP脱毛などが注目されていますが、痛くない全身脱毛の方法はあるのでしょうか。現在脚光を浴びている光脱毛など、比較的痛みの少ない脱毛方法に着目して、おすすめの全身脱毛方法についてご紹介します
全身脱毛で痛い部位
全身脱毛の施術で痛みを感じる部分はどこなのでしょうか。一般的に、全身を脱毛していくと皮膚の柔らかい部分、薄い部分など、人によって痛みを感じる部分に違いがあります。脱毛に対する痛みの慣れなどにも注目して痛い部位をまとめています。
エステサロンの脱毛は痛くない?
光脱毛の発達、浸透によって痛みのない(少ない)全身脱毛がエステサロンでも可能になりました。多くは光脱毛を採用し、皮膚の負担軽減を行っています。また、クリニックでのレーザー治療などとも比較し、その効果や痛みを検証しています。